MAIN
GOTO
MY BLOG HEADLINE
THANKS COMMENTS
THANKS TRACKBACK
Your access #
検索
BLOG - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
mixi(7)
SDR(53)
SSB(3)
WSJT(80)


最新エントリ
2016/12/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (1:09 pm)
Forwarded by Bunshiro Tamura
----------------------- Original Message -----------------------
From: "Joe Taylor joe@Pri [wsjtgroup]" <wsjtgroup-noreply@yahoogroups.com>
To: wsjtgroup@yahoogroups.com
Date: Mon, 5 Dec 2016 09:45:49 -0500
Subject: [wsjtgroup] WSJT-X v1.7.0-rc3
----


To: Users of WSJT-X

The WSJT Development Group is pleased to announce a third candidate
release of WSJT-X Version 1.7.0. Once again this is a beta release.
Most program features have been tested in the field already by a large
number of users.

A short list of new features and capabilities (relative to Version 1.6)
can be found in the section "New in Version 1.7" of the new WSJT-X User
Guide:
http://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx-doc/wsjtx-main-1.7.0-rc3.html#NEW_FEATURES
and also here:
http://physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/Release_Notice.txt

In addition to bug fixes, program improvements and additions since
v1.7.0-rc2 include the following:

1. New logic and behavior for the "CQ nnn ..." messages in WSJT-X fast
modes.

2. Support for messages of the form "CQ aa K1ABC FN42", where "aa"
represents any two Latin letters.

3. A new sync pattern for the experimental QRA64 mode, and a new decoder
that handles large Doppler spreads with excellent sensitivity. These
capabilities are important for use of QRA64 for microwave EME.

4. Major additions to the WSJT-X User Guide, especially for features
related to VHF-and-up usage.

5. Downloadable sample files for all supported modes.

If you would like to use the latest WSJT-X software and are willing to
help us with reports and feedback on program behavior, we encourage you
to upgrade to this candidate release now. When any reported bugs have
been fixed, a slightly amended Version 1.7.0 will soon become the
standard "General Availability" release of WSJT-X.

Reports should be sent to the email list wsjtgroup@yahoogroups.com or
wsjt-devel@lists.sourceforge.net.

Be sure to read the extensively updated WSJT-X v1.7 User Guide. Please
send corrections and suggestions for its improvement to this email list,
or to K1JT.

A detailed log of program changes since v1.6 is available here:
http://physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx-1.7.0.log

Upgrading from Version 1.4, 1.5, 1.6, or earlier versions of 1.7 will be
seamless. There is no need to uninstall a previous version or to move
any files.

Installation packages for Windows, Linux, and OS X can be downloaded
from the following links:

Windows:
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.7.0-rc3-win32.exe

Linux (Debian, Ubuntu 16.04 LTS,... 32-bit):
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx_1.7.0-rc3_i386.deb

Linux (Debian, Ubuntu 16.04 LTS,... 64-bit):
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx_1.7.0-rc3_amd64.deb

Linux (Fedora 24, RedHat,... 32-bit):
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.7.0-rc3.i686.rpm

Linux (Fedora 24, RedHat,... 64-bit):
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.7.0-rc3.x86_64.rpm

OS X 10.7 and later:
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.7.0-rc3-Darwin.dmg

Source code snapshot:
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.7.0-rc3.tgz

-- 73 from Joe, K1JT, for the WSJT Development Group


__._,_.___

--------------------------------------------------------------------------------
Posted by: Joe Taylor <joe@prin>
--------------------------------------------------------------------------------

Reply via web post • Reply to sender • Reply to group • Start a New Topic • Messages in this topic (1)


--------------------------------------------------------------------------------

Have you tried the highest rated email app?

With 4.5 stars in iTunes, the Yahoo Mail app is the highest rated email app on the market. What are you waiting for? Now you can access all your inboxes (Gmail, Outlook, AOL and more) in one place. Never delete an email again with 1000GB of free cloud storage.

--------------------------------------------------------------------------------

To unsubscribe, send an email to:
wsjtgroup-unsubscribe@yahoogroups.com
Visit Your Group New Members 15
Yahoo! Groups • Privacy • Unsubscribe • Terms of Use

.

__,_._,___
--------------------- Original Message Ends --------------------
2016/11/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (5:45 pm)
六年前にこの記事を書いた時の

貧乏なのよ!技術が無いのよ!RS−232C同時にイッパイ使い隊!
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=549

 時代はあまり興味を持ってもらえなかったのですがCPUが早くなったりCAT関連のアプリケーションが増えたのでSDR需要のバーチャル・オーディオ・ケーブルと同じくらいの頻度で使用されるようになりました。

無料のバーチャル・オーディオ・ケーブル
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=605

 そのVirtual serial port的なツールもx86時代は無料で何種類かありましたがx64になってからは無料で使えるものは無くなってしまいました。

 そこで唯一アマチュアのためにと言う限定でメールで許可をもらったら無料で使えるVirtual serial portツールを作っているのがK5FR Steven P Nanceさんです。

 本来は

DDUtil
 http://k5fr.com/DDUtilV3wiki/index.php?title=Main_Page

 を使うために作られたものだと思いますがメールを出してお願いすれば使用許可が下ります。

VSP Manager (VSPM)
http://k5fr.com/DDUtilV3wiki/index.php?title=VSP_Manager


 今の段階では有料で機能が多いVSPEかK5FRさんへメールでお願いのVSPMの二つ位しか無いような感じです。

 そこで両方のツールをペアの仮想ポートを作ってボーレートエミュレーションなしという設定でインストールして

 スループット的なものを計ってみました。

 ペアの両端には秀ターム・エボリューションと言うターミナルソフトを115200bpsで接続して懐かしいZMODEMでVirtualBox-5.0.20-106931-Win.exeと言う容量113110496Bのファイルを転送してみました。

 この計測結果がどういう違いを生むのかは全くわかりませんが違いがあるということがわかりました。

 各計測は時間系列の通りにインストールとアンインストールを繰り返して計測しました。

 各ツールは今日の段階で最新のものを使用しました。

 CPU P5Q Q8400
 OS  Windows 10 PRO
 メモリー8GB

VSP Manager 一回目
VirtualBox-5.0.20-106931-Win.exe 113110496B Up 2016.11.07(月) 15:37 (シリアルポートに接続) ZMODEM 425223Byte/秒

VIRTUAL SERIAL PORTS EMULATOR (VSPE) 一回目
VirtualBox-5.0.20-106931-Win.exe 113110496B Up 2016.11.07(月) 15:58 (シリアルポートに接続) ZMODEM 1450121Byte/秒

VSP Manager 二回目
VirtualBox-5.0.20-106931-Win.exe 113110496B Up 2016.11.07(月) 16:10 (シリアルポートに接続) ZMODEM 411307Byte/秒

VIRTUAL SERIAL PORTS EMULATOR (VSPE) 二回目
VirtualBox-5.0.20-106931-Win.exe 113110496B Up 2016.11.07(月) 16:34 (シリアルポートに接続) ZMODEM 1740145Byte/秒

田村文史郎/JA5FNX
2016/10/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (7:43 pm)
EX−BANDには

 そうやたらめったら放送局がいるわけ無いので仕方なく80mに近くなりますがABCが聞こえるようです。

 この電波は日によりますが結構強くてS9近くになることも多いです。


 ABC Northern Territory Broadcasting Service, Tennant Creek AUSTRALIA
 https://goo.gl/maps/pdERUMgk7zN2
 CALLSING ABC(50kW)
 DATE 2016/10/24
 TIME 2140- UTC
 FREQ 2325kHz
 RX TS-590SG
 ANTENNA height 8m Horizontal 45m vertical 8m Inverted L
 Received location Yawatahama Ehime 7960010 JAPAN
 https://goo.gl/maps/zib1Fcy73bE2




田村文史郎/JA5FNX
2016/10/24
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (7:07 pm)
昔の人は

 十年早いとよく言っていたが僕の160mは十年どころか百年早いのかもしれないと思ったのだけど死んでしまったら何も出来ないので二十年から〜三十年位で勘弁してもらおう。

 という感じで遊んでもらっている160mですがコンディションの把握が今ひとつ出来ない。

 と言うことでビーコン的な物は無いのかと探していたら。

 ESPN 1700と言う放送局があるらしい。

 Tecate, Baja California, Mexico あたりにある局らしい。

 二ー三日聞いてよく聞こえた時の信号が下のYoutubeです。

 16分くらいあるので通しで聞いて下さいね。


  ESPN Radio 1700
  Entertainment and Sports Programming Network
  CALLSING XEPE(10kW)
  https://en.wikipedia.org/wiki/Tijuana
  https://goo.gl/maps/bUMBwujmEwG2

  DATE 2016/10/22
  TIME 12:23- UTC 
  FREQ 1700kHz
  RX TS-590SG
  ANTENNA height 8m Horizontal 45m vertical 8m Inverted L
  Received location Yawatahama Ehime 7960010 JAPAN
  https://goo.gl/maps/zib1Fcy73bE2




 という感じで聞こえます。

 また、もう一度、基本からと言うことでグレイラインの再確認もしています。

 グレイライン概要
 http://www.maroon.dti.ne.jp/k3is/greylinex.htm

 詳細解説
 http://www.maroon.dti.ne.jp/k3is/greyline.htm

 何度か読み直してよく理解しようと思います。

田村文史郎/JA5FNX

 
2016/10/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (7:57 pm)
160mのアンテナを

 建ててから、死ぬほど下手な電信を少し練習している。

 XPO 愛地球博 全市全郡 と下手な電信で出ました。

 少しでも練習したら迷惑をかけないくらいになるかと頑張っているのですが中々です。

 なれない電信 なれないログソフト なれないバンド となれないずくしですがなんとか何となく楽しめています。

 そして、

 先週は

 JARTS RTTY コンテストに出たりで遊んでいます。

 新しい設備になってパワーは変わらないのだけど、80mが増えたり少し上手になったりかで少々点が上がりました。

 1.9MHzの10Wで100局くらいやったので160mの逆Lを1.8MHzに直下カップラを合わせて頂きました。Tnx JH5MXBさん!

 それでなんとかタイや台湾やロシアとできて喜んでいたらアメリカと出来ました。

 160mのアメリカは開局して初めてで結構掛かりました。46年かかって出来たアメリカでとてもうれしいです。

 これで 160m 〜 2m まで 電信で アメリカと交信出来ました。

 これも僕なりにうれしい記録です。

 2mはEMEですがVKだと電離層伝搬なのですがね。

 これからも、偶然と運と根性と少しの技術で夢を求めるアマチュア無線を続けていこうと思っています。

 JA5FNX/田村文史郎
2016/09/30
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (5:45 pm)
十年ぶりに

 CI−Vのインターフェースを作ってみた。

 十年前に

貧乏なのよ!技術が無いのよ!CI−
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=292

そして

貧乏なのよ!技術が無いのよ!CI−垢裡
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=458

 と言うのを作っています。

 今回の物もたいした変わりは無いのですが時代の流れで大変安く簡単にできだしたと言うことだと思います。

部品は

1Pcs USB to RS232 TTL Serial Cable Adapter Module FTDI Chipset FT232 USB Computer Promotion
一本180円送料込み

 https://www.aliexpress.com/item/1Pcs-USB-to-RS232-TTL-Serial-Cable-Adapter-Module-FTDI-Chipset-FT232-USB-Computer-Promotion/1392008243.html?spm=2114.13010608.0.0.XdtgA3

3.5φモノラルプラグストレート型[RoHS]
一個75円送料別

MP-105LC _
 http://eleshop.jp/shop/g/g81I311/

カーボン抵抗 1/4W 5% ★受注単位有★
1kΩ _

一本4円送料別

 http://eleshop.jp/shop/g/g6AX31O/

以上です。

ドライバー(Windows 10 x64でも使えます。)
 http://www.ifamilysoftware.com/news37.html

 USB to RS232 TTL Serial Cable Adapter Moduleは色々な製品がありますが簡単な回路でCI−Vに使用する場合は短絡電流の制限が掛かった物が必要です。

 上記のUSB to RS232 TTLは3.3V系列のTTLレベルで15mAで電流の制限が掛かっていました。

 この様に電流の制限が掛かっている場合はR1の抵抗は不要です。
 単純に抵抗のところをを線で繋いで下さい。

 とにかくリード線三本を3.5mmのプラグに繋いだだけでCI−Vが出来るのは素晴らしいです。

 また、CI−Vの特徴でもあるアイコムの無線機のCI−Vを複数台並列に繋いで使う動作も問題ないと思います。

 使用環境に合わせてコモンモードフィルタを追加してご使用下さい。



田村文史郎/JA5FNX
2016/09/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (12:33 pm)
世間のブログを読んでいると

 LF好きなOTが新スプリアス関連の訳わからん事を各方面に問い合わされている様子が書いてあります。

 そのお方の思いはアマチュアに新スプリアスなんてとんでもないもっと自由にやらして欲しいという願い思いだとは思いますが明らかに決まっている事項に対してあれこれ言ってもと言う気もするし同じ事も繰り返す様子を拝見するとおつむてんてんのOT何かという気になります。

 と言うことで少々気になったので自分でJARDに電話で問い合わせてみました。

 さて、

 【 スプリアス確認保証が可能な送信機 】
 
 とは

「1 JARL 登録機種又は技術基準適合証明機種で旧スプリアス規格機器のうち、別表「スプリアス確認保証可能機器リスト」に記載の送信機 ※ 保証可能機器は追加されますので、JARD ホームページ等でご確認ください。」

 と

「2 自作機等であって、自ら測定したスペアナ画面の写真を添付した機器」

 の二つの保証があるようです。

 1の保証はリストを見て自分のリグがリストにあるので認定保証してもらおうと言うことで良いのですが。

 2の自作機等が気になっていました。

 「スペアナ画面の写真を添付」と書いてあるのです。

 本来の新スプリアス移行申請の際には

  「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」

 と言うことを明記するようになっていますし、

 当然かもしれませんがJARDでの「無線機器の電波測定サービス」でも、ちゃんと「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」と明記されていますので、

 と言うことは「スペアナ画面の写真を添付」の際に使用する測定器も常識的には「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」と明記する必要があるし使用する必要もあるはずですが?

 ただ、そうなると何のための「JARDによるスプリアス確認保証」と言うことになります。

 そこで質問しました。

 「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」

 が必要なのですか?


 「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」は必要ありません。


 いつ誰がこの測定をしたかがはっきりしていれば問題ないと言うことのようです。

 ただ、それは、はっきりしているが細かい添付内容等はまだ確定していないと言うことでした。

 少しでも簡単に出来るようにしたいと言われていました。

 まぁ色々ありますが良い方向になっているのでは無いでしょうかね。

 お国が定めている新スプリアスの測定方法を見るとわかるのですが混変調ひずみ等は回避できるように作られているし今の時代的には結構緩い規制のような気がします。

 基本的にはリニアをつける場合にでもエキサイターが新スプリアスに適合していれば良いというのもある意味ありがたい処置と思います。

 まぁ2mFMで電波を出すと航空機の周波数に妨害を与えるとか警察/消防に妨害とかとこちらの田舎でもスプリアスによる出来事を耳にしたので綺麗な電波を出さないといけないと思います。

田村文史郎/JA5FNX
 
2016/09/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (6:24 pm)
1ー二ヶ月前から遊んでいる

 水平部が短い逆Lアンテナですが少々アクシデントがありました。

 以前の記事
 逆L
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=725

 設置当初より

 1.1.8MHzでパワーを入れるとスパークする
 2.野外に設置したMFJのMFJ-986と言う手動アンテナチューナを入れてマッチングさせてはいるのだけどおかしいくらいメチャクチャに帯域が広い1.8と1.9が調整なしで使えるくらいに。
 3.受信はそこそこなのだけど送信が20db以上悪いような気がする。

 という感じでした、あくまでも感じなので雰囲気なのですがなんかとばんなぁっと言う感じでした。

 と言うことでJA5XPNさんとJH5MXBさんにお願いして20mと7m位のラジアルを追加していただきました。

 と同時にエレメントの垂直部分を少し建物から離して頂きました。

 贅沢を言えばもう少し離した方が良いのですが中々難しいです。

 と言う変更の後、電波を出したとこと「パワーを入れるとスパークする」と言うのが強烈になってMXBさん曰くアンテナチューナの中のバランあたりで「火を噴いている」おっとっともう終わったかと思いました。

 でも、「火を噴いている」と言うことはMFJ-986のロータリースイッチあたりかロータリーインダクタあたりが壊れた思いました。

 こりゃいっときでれんなと思っていました。

 XPNさんMXBさんがMFJ-986の中見てみようよと何度も言ってくれていましたが野外のボックスに入っているのでばらすとなると結構、世話をかけるし燃えていたらどうしようもないしと言う気持ちもあって今度でいいよとかいっていたのですがばらそうと強く言ってくれたのでばらしてみました。

 と言っても野外の出来事は僕には見えないので任せっきりなのですがね。

 分解してきてMFJ-986を開けてみると被害は案外少なく入力側のアンフェノールなのかベークライトなのかのM型コネクタが燃えていました。

 配線の被服も燃えていたようでした。

 これは僕が起こした人災というのもわかりました。

 本来、立てるときから電圧給電のアンテナはいつスパークして火事になるかわからんと自分で言っておきながら

 アンテナチューナスルー機能がある同軸入力へ繋いでとお願いした僕が起こした人災と言うことです。

 電圧給電のアンテナのアンテナは当然のことですがタイトのスタンドオフで浮いたバランス・アンバランスに繋がないといけないと言うことです。

 過去の電圧給電のアンテナでは2kWでもM型入力で使えたときもあったと言う甘さが事故を起こしたと言うことです。

 だって、長さによってインピーダンスは変わる物ね。

 と言うことでタイトのスタンドオフで浮いたアンバランス入力へ繋いでもらってテストを開始しました。

 今度は何も無かったかのように1kWでも全く問題なく使用できました。

 まぁなんとなさけなや。ですね。

 なぜかわからないのですがアンテナチューナーのチューニングポイントは大きく変わっていないのに帯域が狭くなって常識的な動作になりました。

 当然、1.8と1.9はチューニングを取り直さないと全く使えない雰囲気になりました。

 コンピュータで計算した値とも似ているので良い感じです。

 結局、何が災いしてこうなったのかはわからない部分が多くあるのですが何となく全体的にうまくいきました。

 飛びのチェックなのですが下手な電信に出なくては160mはいけないのですがぼちぼちやっています。

 一週間くらい10Wで運用しようと思っています。

 何となく、レポートが599599になってしまうので相手して頂く方には申し訳ないのですがいっとき10Wでお願いします。

 昨夜も10Wで八局の方にお相手頂いたのですが559〜599を頂いたのでこんなものじゃろうとおもっています。

 また、下手なので出ますので皆様お相手よろしくお願いいたします。

 と言うことでJA5XPNさんとJH5MXBさんJH5ENDさん、ありがとうございました。

 とりあえず、HFのアンテナは完成したようですね。

 HF部門完成まで1年半でした結構長かったです。

 お次もよろしくお願いいたします。

JA5FNX/田村文史郎
2016/09/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (6:06 pm)
FNX488 CW-RTTY(FSK)-PTTのインターフェース決定版!

決定版!

 と大見得を切ったんだが実際はたいした物でも無いかもね。

1.回り込みしにくい回路構造であること
2.回路が簡単であること
3.パソコン側と無線機側とは完全に分離されていること
4.ケース加工が必要ないこと
5.部品が田舎でも揃うこと
6.簡単な変更で正論理・負論理の極性変換できること

 最初に迷ったのはUSBシリアル変換基板(ケーブル)の選択でした。

 USBシリアル変換TTLとUSBシリアル変換RS−232Cとどちらにしようか?でした。

 結局どちらも作ってはみたのですが、RSTとDTR出力の出たUSBシリアル変換TTLは種類も少なく最終的なケースの問題等もあって、最終的にはUSB−シリアル変換ケーブルを使用することにしました。

 USB−シリアル変換ケーブルと言えば秋月の物が有名ですが以前からある

  「USB−シリアル変換ケーブル グレー色 通販コード M-02746 発売日 2008/10/20」
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/

 は新しいOSで使いにくいので

  「FT232 USB−シリアル変換ケーブル VE488 [VE488] 通販コード M-08343」
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08343/

 を採用しました。

 実は採用の前にVE488のシンク電流の能力を測定しました。

  「変換チップ:FTDI社FT232RL(I-01739)
   RS232Cトランシーバ:SIPEX社SP213ECA」

 OSに関係するのがFT232で何かにつなぐことで重要なのがSP213ECAです。

 SP213ECAの出力はDサブコネクタ9Pの各入出力ピンにつながっていますがOutput Short Circuit は規格表の通り+−25mA位のようです。

 気になるのはシンク電流・ソース電流ですが規格表では3kオームの付加で+−7Vと言うことになっています。

 3kオームと言うことは2.3mAのソース電流ってことのようですが実測してみました。

 330オームの負荷抵抗で約+−4.5Vが得られるようです。

 13mAのソース電流と言うことになります。

 4.5Vと言うことはフォトカップラの1.5Vを引いて3Vで330オームの抵抗を入れて約13mAの電流をフォトカップラのLEDに流すことが出来ます。

 13mA流すとフォトカップラの効率が100%〜200%あると思いますので殆どのソリッドステートトランシーバのCW-RTTY(FSK)-PTTはスイッチング制御出来ると思います。

 真空管式のCW-RTTY(FSK)-PTTには高耐圧のフォトカップラを使って下さい。

  「フォトカプラ TLP627 [TLP627(F)] 通販コード I-07552 コレクタ・エミッタ間電圧 VCEO 300 V エミッタ・コレクタ間電圧 VECO 0.3 V コレクタ電流 IC 150 mA 」

 また、CW-RTTY(FSK)のスイッチング制御にはスイッチング時間の問題でフォトモスカップラやフォトリレーは使用できません。
    PTTのスイッチング制御には使用できます。

 各フォトカップラの1番と2番を反転させると論理を反転させることが出来ます。

  電流制限用の抵抗330オームのない回路をたまに見かけますがUSB−シリアル変換ケーブルのレベルコンバータICの電流制限がかかりっぱなしになって熱くなっていますのでお気を付けください。

 オリジナルFNX488の結線(MMTTYのドキュメントと同じ極性です。)でTS−590Gで使用するとFSKのみマークとスペースを極性反転(極性反転にチェック)させる必要があります。

田村文史郎/JA5FNX

FNX488 回路図






部品表

秋月電子通商

FT232 USB−シリアル変換ケーブル VE488
[VE488] 通販コード M-08343
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08343/

Dサブコネクタ 9P・メス(半田付けタイプ)
[DS-09S1S]
通販コード C-00030
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00030/

Dサブコネクタ用シェル 9P
[DHA-09PS]
通販コード C-00034
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00034/

フォトカプラ FOD817B
[FOD817B]
通販コード I-06485
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06485/

カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 330Ω (100本入)(実際は三本で良いのですがね。)
[CF16J330RB]
通販コード R-16331
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-16331/

片面ユニバーサル基板 Dタイプ(47x36mm) ガラスコンポジット
[AE-D1]
通販コード P-08241
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08241/

共立エレショップ

オムロン(OMRON)
商品コード : 398144
品名/型番 : D-sub固定用六角ネジ インチネジ1本[RoHS] / XM2Z-0023(VE488の取り付けねじを取り外して取り替える。)
http://eleshop.jp/shop/g/g398144/

丸型多極コネクタ13pinプラグロックタイプ コンタクトピン付 (TS−590G用)
TCP9386-310015+TCP4200-15-010x13
http://eleshop.jp/shop/g/gD1J361/

メーカー : マル信無線電機
商品コード : 81I311
品名/型番 : 3.5φモノラルプラグストレート型[RoHS] / MP-105LC (TS−590G用)
http://eleshop.jp/shop/g/g81I311/

フジクラ
商品コード : A5G146
品名/型番 : カラースダレケーブル 16C / FRX-CF-S 16C
http://eleshop.jp/shop/g/gA5G146/
2016/07/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: ja5fnx (5:07 pm)
と言う事で

 何のために作ったんじゃろか?

 <1670.5kHzの“灯台放送”さようなら…>海上保安庁、「船舶気象通報局」などの情報提供手段を終了へ
 http://www.hamlife.jp/2016/07/13/kaiho-senpakukisyou-haishi/

 つい最近作った僕は、まるで、ばか?

 灯台放送リアルタイムテーブル

http://bun.dokidoki.ne.jp/todaihoso/

 皆さま終了予定の2016年9月までごゆっくりお楽しみください。

 JA5FNX / 田村文史郎

(1) 2 3 4 ... 72 »

JA5FNX Blog RSS BlogPeople TRACKBACK PEOPLE / JA5FNX / RSS NOAA WWV / JA5FNX / RSS J-Cluster ON VHF ALL / 7M1FCC / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 160m / JA5FNX / RSS
SUPER CLUSTER VIEWER ON 80m / 75m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 40m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 30m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 20m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 17m / JA5FNX / RSS
SUPER CLUSTER VIEWER ON 15m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 12m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 10m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 6m / JA5FNX / RSS SUPER CLUSTER VIEWER ON 10m / 6m / JA5FNX / RSS
Powered by Xoops2.05  Theme Design by OCEAN-NET
copyright (c) 2003 All rights reserved.